FXについての様々な情報提供サイトです。

FXのメリット・デメリット

【メリット】 24時間取引できる利点、初心者向けサービス多様

外国為替は常に世界のどこかで市場が開いているから、通常の株式取引などと異なり土日曜などを除いてほぼ24時間行える利点があります。

従って、日中は忙しいビジネスパーソンでも相場の動きやすいロンドンやニューヨークの市場で取引できます。

取引する通貨はその組み合わせによって多様ですが、最も一般的なのは「米ドル/円」で、日本での取引金額も最も多いです。

金利差を利用してスワップポイントを手に入れるのに、高金利通貨の豪ドル/円やニュージーランド(NZ)ドル/円なども取引が多いです。

ユーロ/ドルのような外貨同士の組み合わせも可能です。

日銀や米連邦準備理事会(FRB)、欧州中央銀行(ECB)などの要人発言は新聞などでも報じられるので、情報が集めやすく、相場予想を立てやすいのです。

FX各社はFX初心者のためのサービスを拡充しています。

コンピューターを使って自動的に通貨を売買するシステムトレード(自動売買)には「コツコツ稼ぐ」とか「トレンドに強い」とかの選択もあり、実際の取引とほぼ同じ環境で仮想の取引のできる 「デモトレード」サービスもあります。

また、オンライン上や会場を設けてFXセミナーを開催するとともに、個人投資家の取引実績を評価し、公開するサービスも手がけており、そうした場でノウハウを学び、独自の売買手法を確立していく必要があります。

【デメリット】 許容できる損失など自主ルールづくりを

FX取引は証拠金の25倍までに取引金額が抑えられていますが、為替変動に伴い利益も大きくなる一方で、損失も膨らむリスクを抱えています。

法整備や業界の自主規制だけに頼るのも危険です。

2015年1月にスイス国立銀行が金融政策の転換を打ち出した際には、スイスフランが歴史的な急騰を遂げ、ロスカットも間に合わずに個人投資家が大幅な損失を被った事例もあります。
(スイスフランショック)

FX取引には為替変動リスク以外にもカントリーリスク、流動性リスクなどがあり、個人投資家内身が自己資任のもとリスク管理のための自主ルールを確率することが求められます。

近年は悪質な業者が減ったとはいえ、まずは登録の有無など取引業者の信頼性を確認する必要があります。

また業者によって取引条件やルールが異なることから、自分の投資戦略に会ったFX会社を選びましょう。

契約書にはFX取引に件うリスクもきちんと明記されており、その基本的な仕組みを事前に理解しておく必要があります。

FX取引は損失が膨らむ可能性も考えると、それによって生活が成り立たなくなってば元も子も有りません。

生活資金や老後の蓄えに手を出してはならず、あくまで余裕資金の範囲で行なわなければなりません。

実際の取引において継続しで収益を得るというのはまれで、1回負けたからといって萎縮するのも問題です。

従って、長期的な視点から実現可能な収益目標を設定し、無理のない運用を手がける必要があります。

あるFX会社では、

「年間の利益率の回標はせいぜい10%程度に設定するのが賢明。」

と示唆してます。

ハイリターンを夢見て高いレバレッジで過大な投資をしたり、逆に損失が出たために焦って過剰に売買を繰り返したりするのもいただけません。

ざらに、損失が必要以上に膨らまぬよう、どこまでの損失なら許容できるか自分の明確な基準を設け、早めに損切りをするなどの工夫も必要です。

以下のリスクに気お付ける!

  • FX会社の信頼性を確認し、自分の投資戦略に合った業者を選ぶ
  • 生活資金や老後の蓄えなどは投入せず、あくまで余裕資金で運用する
  • 長期的な視点から、実現可能な収益目標を設定する
  • 過大な投資や目まぐるしい売買は避ける
  • 損失をどこまで許容するか、自分の基準を明確に設ける
FX以外の証拠金取引
カテゴリー
連絡先