FXについての様々な情報提供サイトです。

注目が集まってるFX

円安を背景に、外貨の売買によって差益を得る外国為替証拠金(FX)取引に再び注目が集まっています。

個人が少ない元手で大きな取引ができ、利益・損失とも大きくなるため、投機的なイメージが強いですが、法整備や業界の自主規制が進み、個人投資家もリスク管理を重視した投資技術を向上させており、身近な投資対象としての意識を高めています。

FX取引はどう始めれぱよいのでしょうか?  その概要を紹介します。

法整備・自主規制で信頼性・透明性高まる

国内でFX取引が解禁されたのは1998年。

当初は法的規制も緩く、FX会社に預け入れる証拠金の何十倍でも取引ができたため、取引が普及し始めた2000年代前半には巨額の損失を抱える投資家が続出したり、一部悪質な業者も現れたりと社会問題となりました。

円が急騰したりリーマン・ショックでは投資家が大きな損失を抱え、いったんは取引が縮小しました。

こうした動きのなかで、個人投資家の損失が必要以上に膨らまないよう、金融庁や業界自身が法整備や規制強化に乗り出しました。

FX会社に登録制が導入され、投資家の損失が一定の基準を超えると強制的に決済する「ロスカット(損失確定)ルール」が義務化されました。

さらに、証拠金に対して25倍までの取引ができるという証拠金倍率の規制も導入されました。

投機色を薄め、投資家に一方的に不利になる取引とならぬよう、その後も様々な規制強化がなされ、現在ではFX取引の信頼性・透明性が高まっています。

考えようによっては、店舗経営など、多額の事業資金を借り入れてビジネスオーナーになってビジネスを展開するよりも、少額の資金でパソコンやスマホでトレード出来きるFXほど危険性は少なく効率的な投資方法はないでしょう。

こうした流れを受けて、金融先物取引業協会調査による店頭FX取引金額(全通貨の売買高合計)は2014年で4000兆円を超え、店頭FX建玉残高はすでに一般の外貨預金(外国為替取引)残高を上回る規模となっています。

元手の25倍まで取引「ロスカット」ルールも (売買の基本)

現在、FX取引を手掛けるのはFX専門業者のほかに商品先物業者、証券会社、ネット銀行など国内に60社以上あります。

オンライン取引が基本だ。

FX取引は為替レートの変動によって差益を得るのが1つの手法ですが、一般の外貨預金と違って「売りから入る言」とも可能で、外貨を借りてそれを売り、円高となったときに買い戻して利益を得ることもできます。

FX会社に預けた証拠金の何倍もの取引ができるのも特徴で、その倍率を「レバレッジ」呼びます。

そうした為替差益を狙う取引とは別に、金利の低い通貨を売って、金利の高い通貨を買って保有し続けることで、この金利差「スワップポイント」を受け取る手法である、高金利通貨ペアFXの手法も定着してきています。

1回の取引に必要な外貨の最低通貨単位は、以前は1万通貨が主流でしたが、現在では1000通貨とする業者が増え、さらに少額化が進んでいます。

取引コストには手数料と、FX会社が提示する通貨の売値と買値の価格差であります。

「スプレッド」がありますが、店頭取引では手数料や「スプレッド」を縮小させる値向にあり、他の金融商品と比べて取引コストは小さいです。

あるFX会社は、

「頻繁に売買を繰り返す個人投資家も一部にはいるが、最近はじっくえる向きが大半です。

従って100万円前後の証拠金で、レバレッジも4、5倍くらいに抑える傾向にあります。」

「以前は若年層が主体でしたが、近年は中高年層も増えて、中長期の資産運用として考える向きが多いです。」

と、FX取引が資産形成の一手段として存在感を増していることを強調しています。

FX取引では相場の急激な変動により投資家の損失が大きく膨らむこともあるため、FX各社は個々に含み損が一定以上になると強制的に決済して取引を終了する「ロスカット」の基準を設けています。

強制決済の前にメールなどで警告があり、追加の証拠金(追い証)を差し出して取引を継続することもできます。

FX取引の税制は現在、一律20%の申告分離課税となっていますが、株式や商品の先物取引などとも損益通算が可能で、損失は3年間繰り越しできます。

その税率は、取引所取引のくりっく365も同じです。

FX各社のご案内

TVCMでおなじみ

DMMFXは、低コストなスプレッド、安心の信託保全、平日24時間サポートなど初心者にも安心なFX会社です。

イメージキャラクターとしてローラさんを起用し、TVCMの全国放送をはじめとする広告を展開しております。

DMM CFDも取り扱っています。

外貨のことならマネパに

約定力6年連続No.1DD方式ながらNDD方式の誠実なレート提示に定評のあるマネパのFX。

初めてなら100通貨単位で安心の少額取引を。

海外旅行には外貨をお得に両替して、空港受け取りできるサービスや、チャージして世界210の国と地域で使えるマネパカード。

※パートナーズFXでPCからのストリーミング注文において。矢野経済研究所調べ。

FX取引高世界第1位

GMOクリック証券は、「より安く、より使いやすく」という理念の基、低取引コストや使いやすい取引ツール、有益な投資情報など、快適な取引環境を提供しております。

多くのお客様に評価いただき、お陰様で3年連続で世界第1位となりました。
※ForexMagnates社調べ (2012年1月~2014年12月)

 FXは、運より運用だ。

コンセプトは『資産運用としてのFX』。

特許取得済の発注管理機能トラリピと為替の学校「M2JFXアカデミア」で、初めての方でもしっかり&簡単にFX運用をスタートできます。

FX以外の証拠金取引
カテゴリー
連絡先